まずは重度のワキガに気が付いたところから話を進めていきたいと思います。

私は中学生の頃から、私のワキに近づいてきては、笑われていることを感じていました。

 

この時、初めて自分がワキガだということを自覚したわけです。

しかも私の場合は、重度のワキガに該当するようだったのです。

 

私はもともと脂性であることは自覚していました。

耳垢も湿っていたことにも気づいていましたが、

そのことについて親から特に何も言われたことがなく、

普通のことなのだと思っていたのです。

 

先ほども書いたように、中学時代からワキガのことで悩みだしました。

人からワキガのことで笑われるようになっていったからです。

そのころから特にワキの露出を控えるようになり、

さらに、8×4(エイトフォー)スプレーを欠かせずにつけていました。

ところが、午前中を過ぎると自分でも自覚するほどに匂いだしたわけです。

 

時が過ぎ、高校生になりました。

高校では特に、匂いが出ないように注意を払っていました。

もしかしたら気づかれていたのかもしれませんが、

中学生の頃のように、露骨に笑いものにするような人はいませんでした。

 

ただ匂いのことで気になってしまい、ある意味トラウマになってしまったのです。

 

大学生になり、露出することも少なくなったので、

特に意識することはなくなりました。

しかし、その時出来た彼氏からとうとう言われてしまったわけです。

「お前ワキガ?」

自分自身で隠し通していたのですが、

人から言われるとショックが大きかったです。

 

そして、私は手術を受けることを決意したわけです。