肌のたるみを防ぐために必要なこととは

●肌のたるみの原因
肌のたるみの原因は、コラーゲンやエラスチンなど肌の減少です。人の皮膚ではコラーゲンやエラスチンは真皮層という部分に多く存在していて、肌の弾力やハリを支えています。
コラーゲンやエラスチンは加齢によって減少をしたり、紫外線の影響で変性をしてしまいます。こういったことがたるみの原因になります。

●コラーゲンを増やす食事
肌のコラーゲンやエラスチンの不足がたるみの原因なら、コラーゲンなどを化粧品で補えばよいと思いませんか。しかし、コラーゲンやエラスチンは分子が大きい成分で、肌には異物を通過させないようにバリア機能が存在するので、大きな分子は肌の奥深くには到達することができません。そのため、化粧品では肌のコラーゲンなどを補うことはできないのです。
そこで、食事でコラーゲンが増えるようにサポートをすることがたるみの改善には重要になります。
コラーゲンを増やすために摂りたい栄養素は、タンパク質、ビタミンC、鉄分です。
タンパク質が多い食品は、肉、魚、卵、乳製品、大豆などです。タンパク質が多い食品は脂肪分も含んでいるものが多く、カロリーを気にして摂取を控えている方がもいるようです。カロリーが気になるようなら、脂身を取り除いたり、蒸したり煮るなど油を使わない調理をすることがおすすめです。
ビタミンCが多い食品は、レモン、イチゴ、キウイ、パセリ、赤ピーマンなどです。水に溶けやすい性質があるので、切ってから洗うのではなく洗ってから切るようにしましょう。
鉄分が多い食品は、レバー、あさり、かつお、ほうれん草などです。動物性食品には吸収されやすいヘム鉄が、植物性食品には吸収率が低い非ヘム鉄が含まれています。非ヘム鉄もビタミンCや動物性タンパク質と一緒に摂取をすれば吸収されやすくなります。

●紫外線対策
紫外線によってコラーゲンやエラスチンが変性をして肌の弾力が失われるので、紫外線対策を行いましょう。
夏場には日焼け止めを塗っていても、それ以外の季節では日焼け止めを使用していないのではないでしょうか。しかし、紫外線は一年中地上に届いています。曇りの日でも晴れの日の80%程度は地上に紫外線が届いているので、たるみ防止のためには一年中紫外線対策をすることが重要です。
日焼け止めは汗や水、摩擦などで取れてしまい、取れてしまえば紫外線を防ぐ力はなくなるので、こまめに塗り直しをします。2~3時間に1回塗り直しをすることが目安です。

 

参考情報:すっきりレッドスムージー最安値キャンペーン

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*