アンチエイジングに良い化粧品とお手入れ方法

加齢と戦うために必要な化粧品とお手入れ方法

・クレンジング ミルクタイプが肌に負担が少ないのでおすすめです。

・ポイントメイク しっかりアイメイクをしてる場合はアイメイクアップリムーバーを使いましょう。ラ ンコムのビファシルがおすすめです。

・洗顔 固形でもチューブタイプでもかまいませんが泡立ち&泡切れの良いものをつかいましょう。

・ブースター オイルでも良いので、できればブースター(導入)を使いましょう。

・化粧水 浸透力の良いものアンチエイジング効果の高いものを使いましょう。ゲランのオーキデアンペ リアルシリーズのローションがおすすめです。

・美容液 夜だけでもかまわないのでリフトアップ効果のあるものを使いましょう。クラランスのトータ ルVセラムがおすすめです。

・乳液 保湿効果の高いものをつかいましょう。朝だけでもかまいません。シスレーのエコロジカルコム パウンドがおすすめです。

・クリーム アンチエイジング効果の高いものを使いましょう。ゲランのオーキデアンペリアルシリーズ のクリームがおすすめです。

・アイ&リップクリーム 目元から加齢によるシワができてくるので是非使いましょう。
ゲランのオーキデシリーズのものがおすすめです。

 

加齢に打ち勝つお手入れ方法

とにかくしっかり落とすこと。汚れが残った肌にどんなに良い化粧品をつけても浸透していきません。

 

ただし、あくまでも優しく落とす。肌をゴシゴシ擦らないこと。洗顔のときはネットを使って泡立てた泡で洗い最低10回はすすぐこと。

とにもかくにも保湿が重要なので浸透力の良い化粧水を使うこと。

 

できれば、ブースターを使用したほうが化粧水の浸透が良くなります。

 

そして、最低3回はつけること。

 

コットンでも手でもかまいませんが最後は必ずハンドプレスで化粧水を肌に押し込むようにしましょう。

水分が逃げないように乳液やクリームで蓋をします。

 

そして30歳を過ぎたらアイクリームを使ったほうが良いでしょう。

 

使っている人と使ってない人では5年後、10年後の肌に絶対に差がでます。

毎日は無理でもせめて1週間に1回はシートマスクやコットンパックをしましょう。

 

コットンパックは目の下だけでもかまいません。

 

コットンにたっぷり化粧水を染み込ませたものを目の下ギリギリにコットンを横にして張ると小鼻の脇までカバーできます。

 

デコルテまで気を抜かないようにしましょう。

顔に使うものを首からデコルテまで使うようにしましょう。

 

首は年齢が出る箇所ですから特に念入りにお手入れするようにしましょう。

 

そして、化粧品はエイジングケア化粧品を変えて使ってください。

 

若い時は、保湿をある程度行っていても、肌の再生力が強いので、美肌をキープできるものですが、30代を超えてくると特にお肌の乾燥を目立ってきます。

 

今までのやり方では通用しません。

 

金額で言うと、1,000円、2,000円ほど高い化粧品を使うことで、美肌を持続できると考えると安い出費ではないでしょうか。

 

製薬会社が作ったエイジングケア化粧品「ブライトエイジ」とは?

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*