意中の女性に対して効果抜群の心理学で使えるテクニック

もしも自分好みの人とデートできたなら次も会いたいし、ものにしたいと思うのが心理です。

 

そこで次につなげるための心理テクニックとして、もう帰るという時間までにギリギリのとこで秘密の話題を言いかけます。

 

しかも本当にとっておきのエピソードにしておかないと臨場感がありませんから!

 

そうすると異性は続きが聞きたくなります。我々は「あの話の続きが気になるの?じゃあ今度ね。」と課題を出してバイバイすることになります。

 

そこで、課題を出された人はなんだろう?と気になるので、どうしてもまた会いたくなるものです。

 

こういうテクニック使うと有利です。

 

またミラーリング効果というのがあります。自分が笑顔なら相手も笑顔になります。自分がイライラしていたら相手もイライラしてきます。

 

なので、誰か大切な人と会う時はなるべく笑顔になれる前置きが必要です。

 

しっかり深呼吸して行きましょう。ちょっとした体操したりイメージトレーニングして行っても良いと思います。

 

ピュアなイメージは引き寄せの法則をグンとアップするのです。

 

純粋に、こんな人とお付き合いしたい!

 

小説家になりたいとか、そのなったら嬉しいビジョンを真剣に疑いもない気持ちで68秒間描く、気楽に描くと引き寄せの法則のパワーをより知ることができます。

 

また、デートにしても商談にしてもその前にあなたが徹底的にリラックスしておかないと行けません。

 

リラックスして嬉しい楽しいすがすがしいと思うことを相手と会ってからも継続させることです。

 

すると相手も嬉しい楽しいすがすがしいという気持ちになり、会話が予想以上に弾みます。楽しい会話になぜかなります。

 

合コンとかデートでかなり使えます。こういうムードにできる人が恋愛など制することができるのです。

 

自分をさらけ出し、この人私がいないとダメなんだわという気持ちにさせることです。

 

案外、強がると、あーこの方やっぱりけっこうしっかりしてるので私がいなくてもなんとかなるでしょとなるのです。

 

弱さをさらけ出すとヒモじゃないけど自己開示効果で、守りたくなるものがあるのです。

 

また、面接や遊び何かのライブに行く時はテンション上げたいなら赤いパンツか赤い服が良いです。

 

親しみ安さなら黄色かピンクです。落ち着いたライブしたいのなら青色が良いです。

 

これらを色彩心理学と言いますが色の効果はバカにできないということです。色によって相手をその場を制することがパフォーマーさんには求められています。

 

黒だと威圧感あるけどシャープでピシッと決まった印象は与えます。

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*