婚活の前に自己分析で「自分の幸せ」の見つけ方

就職活動でやったことがある人も多いと思いますが、婚活においても自己分析は大切です。

 

孫子の兵法に「敵を知り、己を知らば、百戦危うからず」とあるように、婚活という戦に勝つには、まず自分を知ることから始めるべきなのです。

 

漠然と「こんな結婚がしたいなぁ~」と考えているだけではまず結婚できません。

 

なぜなら、それはただの「妄想」だからです。

 

■オトナ女子の自己分析にひそむ落とし穴ズバリ自分のことを「わかったつもり」になっていること。

 

それなりに社会人経験を積んだオトナ女子でも、自分のことは案外わかっていないことが多いのです。

 

というのも、人はシーンに応じて自分を使い分けているもの。

 

仕事のときの私、親兄弟といるときの私、友達といるときの私、恋人といるときの私…全部同じあなたですが、見せている部分はそれぞれ違うと思います。

 

経験を積んで自分のことを色々な角度で見せられる分、「本当の自分」がどれなのかはっきりと言い切れないことが多いのです。

 

そこで「私ってこんな人」という思い込みを捨てて自分について深く掘り下げてみてください。

 

 

■「理想の結婚」は本当にあなたの理想?

 

あなたの「理想」は、例えばテレビや雑誌、先に結婚した友人など、あなた以外の誰かに影響されたものではありませんか?

 

それを見極めるには、あなたの思い描く「理想の結婚」を一度紙に書き出して、すべての項目に対して「なぜ?どうして?」と問いかけてみてください。

 

すると、ほとんどが他人に対する見栄だったり、「テレビや雑誌で観たからなんとなく」という漠然としたものだったりするはずです。

 

もちろん、あなたの人生はあなたが主役ですから、自分の夢を叶えることも大切なことです。

 

でも、「誰もがうらやむ結婚」をしたとしても、主役であるあなたが幸せになるとは限らないのです。

 

■あなたの幸せはあなたにしか決められないあなたはどんなときに幸せを感じますか?

 

誰かのために料理を作って「おいしい」と言われたとき?

バリバリ仕事をして、会社で認められたとき?

お風呂でゆっくり本を読むとき?

 

ここでも、先程と同じように「なぜ?どうして?」と問いかけてみてください。

 

もしかして「実は結婚しないほうが幸せ」という結論が出るかもしれません。

 

大切なのは、結婚にこだわらず、「自分の幸せ」を自分で知ることです。

 

■短所を気にせず長所を伸ばす自己分析をしていると、嫌なところが目につき「私はやっぱりダメなんだ…」「こんなに欠点だらけの私じゃ結婚できないな」とネガティブになってしまうこともあると思います。

 

しかしそれははっきり言って間違いです。みんな「あなたの短所」を愛しています。

 

あなたの周りの人は、短所を含めてあなたのことが好きなんです。短所なんかを気にせず自信を持っていきましょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*